美しい歯並びを目指すなら矯正歯科でマウスピース矯正を

マウスピース矯正なら取り外しも自由

通常行う歯列矯正では、金具を設置すると接着剤で歯に固定することになるため、取り外しが不可能になります。そのため食後に必ず入念な歯磨きなどが必要になりますが、マウスピース矯正ならば、自由に取り外しが可能なので、食事の時には外しておくこともできるのです。もちろん装着したまま会話などをしても、目立つことなく矯正できますので、他人に気付かれずに歯列を改善していくのなら、マウスピース矯正で治療をしてみるのも良いでしょう。

矯正器具は何度も変える必要がある

通常の歯列矯正と違い、マウスピースによる矯正は何度も矯正器具を変える必要があります。マウスピースの通りの形に歯列が固定されると、更に正しい位置に戻すためのマウスピースを作ることになるので、歯列が改善され次第何度も歯医者に通院する必要があります。しかし通院する手間はあるものの、装着感もあまり違和感がなく、ケアも短時間で出来るのがマウスピース矯正のメリットですから、とにかく手軽に出来る歯列矯正をしたいという方には最適です。

マウスピース矯正ができない例とは

マウスピース矯正はすべての症例に対して使えるわけではありません。歯並びの状態が極端に悪かったり、二重歯列などの場合にはできない場合もあります。極端な例では治療が困難な場合もありますが、少しだけ歯並びが悪いという場合には、ほとんどの症例で治療が可能ですから、さほど気にする必要はありません。マウスピース矯正は、治療料金がセットになっていることが多く、追加料金も取られる心配がないので、安心して矯正できます。

三鷹の矯正歯科では、子供から大人までの幅広い世代に対して質の高い治療を実施しており、安心して利用できます。