飽きっぽい!停滞期!リバウンド!ダイエットの悩みをサクッと解決

停滞期はこうして乗り切ろう

ダイエットが成功しない理由は人それぞれですが、停滞期に入るとやる気が起きなくなるというものもあるでしょう。停滞期やスランプというものは誰にでもあるものです。その時期に好調期と同じベストなことばかりを考えて自己否定を繰り返すから挫折につながってしまいます。そのため、停滞期はいつも以上に小さな目標に意識を向けていくことが大切ですよ。たとえ一日で0.1kg、あるいは二日で0.1kgとしてもいいので、達成感を味わいながらモチベーションを失わないようにしましょう。最終的には停滞期は1kgくらい増えてもいいというぐらいのおおらかな気持ちでいるといいですよ。

リバウンドの恐怖を捨て去る

せっかく痩せても、すぐにリバウンドをして同じことを繰り返してしまうという悩みもよく聞く話ですよね。リバウンドしてはいけないという気持ちがかえって心の負担になってしまい、自分自身で過食に走るように仕向けている可能性があります。だとしたら、リバウンドはするもの、リバウンドしたら、また痩せればいいというくらいの大きな気持ちでいたほうがいいでしょう。そのほうがむしろリバウンドはしにくくなりますよ。自分を不安や恐怖でがんじがらめにしないことは、ダイエットに限らず生きていく上でも大事でしょう。

飽きっぽいのは悪いことではない

飽きっぽくてダイエットを続けるのが苦痛だけど、ダイエットしたいという人も多いですよね。飽きっぽいというのは決して悪いことではありません。新鮮な方法ならやれるというのであれば、新しい方法をどんどん試していけばいいだけのことです。また、ダイエットそのものに飽きてしまうのなら、ダイエットが楽しくなる考え方へとシフトしていきましょう。そのために、やることリストではなく、やったことリストを書くのも一つの手ですよ。今日はこれができたという小さなことでもいいので、積み重ねていけばダイエットも楽しくなっていくでしょう。

フェアリーレシピは、全国の薬局や通販サイトなどで手に入れることが出来、いつでも摂取できることが人気の理由です。