レーザー脱毛の除毛の際に行っておきたい処置とは?

レーザー脱毛による除毛前に行っておきたいこと

レーザー脱毛による除毛は、半永久的な効果が得られると大変人気があります。しかし、施術にコストがかかるため、可能な限り効率的に除毛したいものです。その際に重要になってくるのが、除毛の際にどれだけ脱毛しやすい環境を整えておくかということでしょう。脱毛効率を著しく下げるのは埋もれ毛への対処であるため、事前にピンセットなどで「毛起こし」を行っておくと、それだけでレーザー脱毛による除毛効率は格段に向上させることができるのでオススメです。

レーザー脱毛による除毛直後に行っておきたいこと

レーザー脱毛では長時間にわたって熱線を肌に照射することになるため、除毛の処置を行った後は必ず日焼けになったように肌が焼けてしまいます。このような状態を放置しておくと肌荒れとなり、以後除毛しにくい肌になってしまうため、日焼け対策と同じような肌ケアを実践する必要があります。また、肌の状態などにより水ぶくれやケロイドが発生してしまう場合もあります。こうした症状が出やすい人は、レーザー脱毛による除毛を行う前に、しっかりと肌の状態を診断してもらう必要があります。

普段から行っておきたいこと

レーザー脱毛とは言え、毛を毛根から抜くという除毛の作業は一般的な脱毛と何ら変わりません。そのため、除毛の効率が上がるかどうかは多くは肌の状態に依存します。日常的な肌ケアが行き届いておらず、乾燥して堅くなっている状態であれば、除毛効率は一気に下がります。従って、普段から肌が十分な水分を含んで柔らかい状態になるようケアしてやる必要があります。普段は化粧水や乳液を塗布しないような部位であっても、レーザー脱毛による除毛をする場合はしっかりとした保湿を心がけるようにしましょう。

脚や脇といった女性にとってもとても重要な部分の毛の処理は面倒だと感じる場合がありますが、レーザー脱毛をすれば、毛の処理をしなくてもいいようになります。