エイジング世代の脱毛状況&ホームケアでの最新脱毛法、さらに話題のハイジニーナ脱毛

人には聞けない!エイジング世代の脱毛ケア最前線

くすみがとれるなど、肌年齢を感じ始めた人に人気なのが顔の脱毛です。露出が増える夏はうなじ脱毛の重要も多いようです。(ワキ)他のパーツは手つかずでも、ワキだけは本格脱毛している人が多数います。20代の頃にニードルで処理する人も結構います。(腕)意識の高い人は20~30代で本格脱毛済みです。未処理の人は腕より、顔やデリケートゾーンを気にする傾向があります。(デリケートゾーン)育児や仕事に余裕が出てジムや水泳に通い始めたり、身近でケアする人が増えたりなどの理由で、ここ数年で脱毛意識が上昇しています。

自宅でも本格レーザー&光脱毛

光脱毛マシンに加え、レーザー搭載ものも登場し、家庭用脱毛器も劇的に進化しています。ジェルなどを塗る必要もなく、肌の直接照射できるから手軽です。(光)シェーバとフラッシュの照射口を同じ面に設置。それにより、面倒な前処理の必要がなくなって短時間での脱毛化可能になっています。シェービングしながら光脱毛できる優れものです。(レーザー)クリニック使用のダイオードレーザ―技術を応用し、無駄毛を強力脱毛します。クリニック並みの脱毛ができる本格タイプです。

デリケートゾーンにハイジニーナ脱毛やる?やらない?

ハイジニーナ脱毛とは、昔からあるブラジリアンワックスと同じ意味で使われています。英語の(衛生的)を意味する(ハイジーン)という言葉がデリケートゾーン(V.I.O)のムダ毛を処理して清潔にしている女性(ハイジーン)へと変化したものです。海外TVドラマの効果で日本でも認知度がアップし、NYスタイルに憧れケアする人が多くいたようです。最近は毛を処理して清潔に保つことで、ムレやニオイ、かぶれを防ごうと始める人が増えています。30代はもちろん、40代も多く、ケアの後のすっきり感にヤミツキになると好評ですよ。

脱毛を検討した時、医療脱毛を千葉で行うのも有効です。千葉駅周辺付近には実績のあるクリニックもありますので、電車でも通いやすいです。